MENU

CYBERDYNE
IBARAKI ROBOTS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>2018-19シーズン B1ライセンス交付決定のお知らせ

2018-19シーズン B1ライセンス交付決定のお知らせ

いつもサイバーダイン茨城ロボッツに熱いご声援をいただき、誠にありがとうございます。
昨日行われたB.LEAGUE理事会にて、「2018-19シーズン B.LEAGUEクラブライセンス」の第1回判定結果が発表され、サイバーダイン茨城ロボッツにB1ライセンスが交付されることが決定しましたので、お知らせいたします。
なお、B1ライセンス交付は決定いたしましたが、2018-19シーズンB1への昇格要件として、 「2018年4月1日までに2017-18シーズンのホーム平均入場者数が1,500名以上であること」 が設けられておりますので、本要件を満たした上で、「B2 PLAYOFFS 2017-18」に進出し、優勝/準優勝した場合、もしくはプレーオフで3位となり、「B1・B2入替戦2017-18」に勝利した場合にB1昇格となります。

B.LEAGUE プレスリリースはこちら>

代表 山谷拓志コメント

昨日、Bリーグより当クラブに対しまして、2018-19シーズンのB1クラブライセンスが交付される旨の通知がありました。
今シーズンに引き続き来シーズンもB1クラブライセンスを取得できましたことは、日頃からサポートを頂いております皆様のお力添えの賜であり、あらためましてファン、サポーター、ブースター、そしてスポンサー各社の皆様、県内行政・自治体、茨城県バスケットボール協会、Bリーグの皆様には心より感謝を申し上げます。

またB1クラブライセンスの取得に際しましてはアリーナ施設の要件を満たすことが必須となり、その点ではいきいき茨城ゆめ国体が開催される2019年に竣工する「東町運動公園体育館」の計画が大きく評価されたものと思っております。
水戸市・高橋市長や市民協働部の皆様には B1クラブライセンスの取得に向けてご尽力を頂きましたことを心よりお礼申し上げます。

目下チームはB2リーグ戦を戦っておりますが、現在の戦績を踏まえるに更なる努力が必要であり、また集客におきましてもB1昇格要件となる「3月末日の時点での1試合平均1,500名」にあと一歩及んでいない状況となっております。
現時点でリーグ戦残り18試合、3月末までのホームゲームは残り3試合。可能性がある限り120%の努力をもってB1昇格を実現すべく選手・スタッフ・社員一同仕事に取り組んで参ります。
引き続きサイバーダイン茨城ロボッツにご支援・ご声援の程よろしくお願い申し上げます。

 

株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント
代表取締役社長
山谷 拓志

オフィシャルスポンサー・パートナー一覧